--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.13 15:20|霜よけ
毎年冬には、室内に取り込んでいたハイビスカスを初めて戸外のビニール製温室の中で越冬させました。(酷い)

0613-5ハイビスカス
元々の一鉢とそこから挿し木で増やした一鉢の計二鉢ありました。
挿し木で増やした方は、植木鉢が、浅かったので、根が、寒さで傷んでしまったのでしょう、冬越しできずに枯れてしまいました。
ギリギリ冬越しできた元々の株も新芽が、出そうになくて、ダメだと諦めていました。
5月に入って、新芽っぽい薄い緑の点が、見えた時は、嬉しかったです。
今度の冬は、手抜きせず室内に取り込んであげます。

0613-6ダンドク
風の通る庭のオーナーさんから昨年いただいたダンドクが、今年、花をつけました。

0613-7ダンドク
ダンドクは、カンナの原種だそうで、葉も花もカンナよりずっと小さいので圧迫感が無くて可愛いです。
ダンドクの傍のカラーリーフカンナは、今年も芽を出してしばらくすると葉が、疫病に罹って地上部は、枯れてしまいました。
今冬は、地下茎をどこかに移植してあげないと場所が悪いようです。

0613-8スミレ
梅雨の中休みの真夏のような青空と気温の中で、まだスミレが、咲いています。
花の後ろに種ができて飛んでしまった柄が、見えます。

0613-9テラスメープル
テラスメープルとテラスライムが、ぐんぐん伸びています。
水栽培で冬越ししたイポメアも上手く根付いたようです。

0613-1ホスタ
ケヤキの株元のホスタ。
うちの庭のホスタの中で一番大柄な子です。

0613-2ホスタ
地下茎を埋めるのに最低必要な大きさの穴を掘って土作りも殆どせずに無理やり突っ込むようにして植えたのにこの場所を気に入ってくれたようです。

0613-3ダリア
植えっ放しのダリアが、開花しました。
球根を掘り出して保存してあった銅葉のダリアは、保存方法が、悪かったのか、発芽しませんでした。

0613-4アジサイ
遅いアジサイの開花です。
昨年は、淡い水色だったのが、今年は、冬に施した有機石灰の影響なのか、紫になりました。
元々は、淡いピンクでした。
今年は、花が少ないです。
剪定時期は、間違っていないし・・・寒風に枝先が当たり過ぎたせいか、栄養失調??


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2013.06.06 16:24|挿し芽
次女が、母の日にプレゼントしてくれたフラワーアレンジメントをドライフラワーにしました。

0522-3アレンジメント
届いた日の画像です。
一週間、綺麗な状態で楽しめました。

0522-4アレンジメント
ドライフラワーにできそうな物、挿し芽にできそうな物、処分する物に分けました。

0522-5アレンジメント
昼間は、風通しの良い南の庭のキウイフルーツの葉陰に吊るし夜は、室内に取り込んで乾燥させました。

0605-9ドライフラワー
二週間乾燥させて完成。
画像には、少ししか写っていませんが、アジサイが、イイ感じに乾燥しています。




0522-34シクラメン種
私が種から育てたシクラメンの種↑↓を採取しました。
初めて種から育てたシクラメンは、24鉢ありました。
夏越しが上手くできなかった等で、残ったのは、わが家に1鉢、実家に1鉢の計2鉢だけになってしまいました。
が、生き残っただけあってその2鉢は、どちらも球根が大きく成長してたくさん花を付けた丈夫な子です。

0605-4シクラメン種
丈夫な親の性質を引き継いだ丈夫なシクラメンに育つよう期待しています。

0522-32クリスマスローズ種
クリスマスローズの種を初めて採取しました。




0522-29グリーンカーテン類苗
サントリーテラスシリーズ苗、サンパラソル、サンフォルビアとcoop神戸さんでトウテイラン2苗を購入。

0522-30グリーンカーテン
垂れ下がるタイプのグリーンカーテンに仕立てます。

0605-1イポメア
昨年の夏に育てていたイポメアを秋に切り戻して花瓶に挿してありました。
根がしっかり伸びたので、サントリーテラスシリーズの苗と一緒のハンギングバスケットに植えてみました。
イポメアは、寒さに弱く冬越しできません。
球根を掘り出して保存しても菌に感染していることが多く発芽は、難しので普通は、一年草扱いするそうです。
切り戻して水に挿して発根させる冬越し方法が、上手くいくか実験です。

0605-2ツバメアサガオフウセンカズラ
昨年夏に種を採取したツバメアサガオとフウセンカズラを鉢植えにしました。

0605-3.jpg
フウセンカズラは、アリウム丹頂、コリウスと寄せ植えにしました。
ツバメアサガオは、垂れさがるタイプのアサガオなので、ハンギングバスケットに植えました。




0605-8カラーリーフの花壇
イイ感じに育ってきたカラーリーフの花壇。

0522-2オルレアホワイトレース
オルレアホワイトレース

0522-1ガウラ
ガウラ

0522-27ダイアンサスブラックベアー
ダイアンサスブラックベアー

0522-26マーガレット
マーガレット

0522-25シャスタデージー
シャスタデージー

0522-24ハナショウブ
ハナショウブ

0522-39プリンセスダイアナ
クレマチス プリンセスダイアナ

0522-23セダムセキサンキュラーレ
セダムセキサンキュラーレ

0605-5クレマチス
名前の判らないクレマチス

0605-6カンパニュラポシャルスキアナアルペンホワイト
カンパニュラポシャルスキアナアルペンホワイトと剥げ剥げで哀れな羊たち。

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2013.05.23 17:02|バラ
毎年バラの季節の主役だったピエール・ドゥ・ロンサール。

0522-17ピエール
開花すると冬の剪定・誘引・寒肥、3月からの黒星病予防薬散布の苦労が、吹っ飛びます・・・束の間だけですけど。

0515-5ピエール
可憐な蕾も大好き。

0515-4ピエール
この美しさは、さすが、殿堂入りした世界で14種のバラの内の1種です。

0522-18ピエール
ところが、今年は、主役を他のバラに奪われてしまいました。


その主役を奪ったバラとは・・・

0522-9ロブリッタ
ロブリッタです。
私のパソコンのモニターでは、↓この色が、実物に一番近いです。
0522-11ロブリッタ

0522-7ロブリッタ
一輪ずつでは、ピエールの存在感に負けてしまうけど、全体を見ると花壇の他の植物達と上手く馴染んでいる姿がイイ感じです。

0522-12ロブリッタ

0522-6ロブリッタ

0522-10ロブリッタ

0522-8ロブリッタ

0522-16ロブリッタ

0522-13ロブリッタ
鉢植えで三年育てて花壇植えにして二年目。
大きく育ちました。

0522-22ミニツルバラ
ピエールに続いて毎年準主役だったミニツルバラ。
今年は、枝数が少なくなってしまったので、花数も少なくて残念です。
が、シュートが、たくさん上がってきているので、来年は、主役の座を奪えるかもしれないです。
期待度大です。

0522-36バタースカッチ
バタースコッチは、剪定が下手だった為に高い位置に花が集中して咲くので、観賞してもらえない可哀想な子です。
それと味のある深い色は、午前中だけで、午後になると色が褪せてしまうが、残念な子でもあります。
↑午前8時半撮影
↓同日午後1時撮影の同じ一輪。
0522-37バタースカッチ

0522-20バタースカッチ
ツルバラですが、木立性バラとして扱う方が、性質に合っている気がします。
無理やりアーチに沿わせている感じがして、その点も可哀想です。

0522-38スイートカバー
可哀想なバラと言えば、この子が、一番かな、タウニー&カントリー スウィートカバー。
シャスタデージーやチェリーセージに埋もれて開花しているのに気づいた時には、見頃を過ぎていました。
もう一本あるタウニー&カントリーのオレンジ系のバラは、今年は、花がつきませんでした。

来年も美しく咲いてくれることを願って、11月まで2週間に1度、黒星病予防薬散布、頑張ります。


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2013.05.08 16:06|お花
NHKとサンテレビ、それぞれの園芸番組で見たお花の根張術を実践しました。
NHK「あさいち」で、吉谷圭子さんお奨めの根張術は、
①ポリポット苗を鉢植えする前に20分程度活力剤に腰水の要領で浸けておく。
②鉢植え時に苗と鉢の間にできた隙間に詰める培養土が、元肥入りであっても更に元肥を混ぜる。

サンテレビ「手づくり花づくり」で、吉田健一さんお奨めの根張術は、
①ポリポット苗を一旦スリット鉢に仮植えして一か月半育てる。
(スリット鉢で育てると早く根を張る)
②仮植え時の肥料は、カリ分の多い液体肥料を週一で与える。
 
0508-8.jpg
フランネルフラワーをポリポットごと200倍に希釈した活力剤に20分浸けました。

0508-9.jpg
その後、スリット鉢にプランター用培養土を使って仮植えしました。
(乾燥気味に育てるフランネルフラワーは、培養土に鹿沼土と赤玉土を混ぜた方が良かったです。)
大好きなフランネルフラワー、三回枯らしたのに懲りずにまった買ってしまいました。
今度こそ、長生きさせてあげたいです。




0505-1.jpg
以前から行ってみたかった神戸国際会館地下の「みどりの雑貨屋」へ行きました。

0505-5.jpg
可愛い「白雪ミセバヤ」に一目惚れ。似合いそうな鉢と一緒に購入。

0508-10.jpg
観葉植物用の土に根腐れ防止剤を混ぜて植えると良いと店員さんに教えてもらったので、その通りにしました。
持ち帰った時点で10本くらい茎が折れてしまい、植え替え時にもたくさん茎が折れて、こんもり盛り上がるような感じが無くなってしまいました。
折れた茎は、刺し芽にしました(黄色のポット)が、とても折れやすいので取り扱い注意です。




春爛漫の庭の様子です。

0427-6ユリオプスデージー
10日くらい前に撮影した画像です。
今は、もっとたくさんのユリオブスデージーが、咲いて、一番地面に近い枝が、重さに耐えかねたように垂れ下がってしまいました。

0427-1ハーデンベルギア
ハーデンベルギア。
こちらも10日くらい前の画像です。
右側の水仙の葉、ミント、シラーが、茂りすぎたので、今日、きり戻したり間引いたり、紐で纏めて結んだりして、スッキリさせました。

0427-5寄せ植え3鉢

0427-2オステオスペルマム
ケヤキの葉が、育って、南向きなのにすっかり日陰になってしまった花壇の手まりアジサイ、オステオスペルマム、ワイヤープランツ。

0427-8ピエール遠景
画像中央のアーチにピエール・ド・ロンサールが、咲き始めました。

0427-10S白モッコウバラ
今年の白モッコウバラは、花数が多くてボリュームがあります。
しかも開花後の気温が低いので、お花が長持ちしています。

0427-12S白モッコウバラ

0427-11S白モッコウバラ
お隣のブロックを覆っています。




ラナンキュラスが、満開です。

0508-2ラナンキュラス

0508-1ラナンキュラス

0508-4ラナンキュラス

0508-7ラナンキュラス
この写真を撮ったあとで、日曜大工仕事中だった主人が、バランスを崩し、ラナンキュラスの赤花の上に倒れてしまいました。
お花が、つぶされる前に撮影しておいて良かったです。


0508-6ラナンキュラス




0508-5マダムピエールオジェ
テッポウムシの被害を受けて短く切り戻したマダム・ピエール・オジェに花が咲きました。


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ



テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2013.04.22 17:19|薬剤散布
ハボタンの寄せ植え三鉢を仕立て直しました。

0421-21.jpg
使いまわせたのは、アルメリアとアシュガだけでした。
来年も使えそうなハボタンは、大鉢にまとめて植えてしばらく様子を見ます。

0421-24.jpg
これだけあれば、三鉢分の寄せ植えが、できるだろうと、毎度のことですが、適当に買い集めたお花達。

0421-23.jpg
イイ感じの牛糞堆肥を見つけました。
園芸の基本を解説した本に花の培養土と腐葉土、牛糞堆肥を5:2.5:2.5で作った土が、最も花の成長が良かったという実験結果が出ていたので、良い牛糞堆肥を探していました。

0421-22.jpg
昨夏に買ったBBQ用の炭が3箱も残っているので、鉢底石に炭を加えてみました。

0421-25ゼラニウム・ナスタチューム・アルメリア他
ゼラニウム・ナスタチューム・アルメリア・ハツユキカズラ・アシュガの寄せ植え。
ナスタチュームが、もう一ポットあったらより動きが出て良かった気がします。

0421-26オステオスペルマム・チェリーセヘジ・キンギョソウ
オステオスペルマム・チェリーセージ・キンギョソウ・ペチュニアギュギュなど黄花ばかりを集めた寄せ植え。
植木鉢を黄色の補色の紫にペイントする予定です。

0421-27ペチュニアギュギュ・ベルフラワー・ロベリア
アーズローコンパクト・ベルフラワー・ロべリアの寄せ植え。

0421-28フウセンカヅラ・ツバメアサガオ
今年初の種まきをしました。
フウセンカズラとツバメアサガオです。
どちらも昨夏に種を取って保存してありました。




0421-16ピエール・ド・ロンサール
ピエール・ド・ロンサールの一番花。

0421-1白モッコウバラ
白モッコウバラが、開花しました。

0421-2白モッコウバラ
この勢い、まさにモンスターです。

0421-3白モッコウバラ
花の無いカラーリーフのハンギングバスケットを囲むように枝を伸ばして開花したのでイイ感じになりました。



隠し玉が、開花しました。

0421-6.jpg
ビオラ、アリッサムの鉢からチューリップ。

0421-9.jpg
白いビオラの鉢からは、濃紫のチューリップ。

0421-5.jpg
ビオラ・プリムラの鉢からは、アネモネシルヴェストリス・アリウム。




0421-19バラ咲きアイビーゼラニウム
バラ咲きアイビーゼラニウム

0421-18プリムラクリサンセマム・フランシスカ
クリサンセマム・プリムラフランシスカ
プリムラフランシスカが、クリサンセマムの勢いに押されてか、成長が鈍く、まだ花芽が見えません。

0418-1ヘリクリサムとラベンダーシフォン
ヘリクリサムとラベンダーシフォン

0421-12ヘリクリサム
ヘリクリサムは、すごい勢いで成長して花壇の淵が、見えなくなっています。

0421-11デロスペルマゴールドラッシュ
デロスペルマゴールドラッシュ

0421-17オステオスペルマム
オステオスペルマム。

0418-1リシマキアとアシュガ
リシマキアとアシュガが、互いの色を引き立てあっている感じです。

0421-7.jpg
放ったらかされても頑張っているシャガ。

0421-10.jpg




0421-15.jpg
宣伝文句は、まさにバラの救世主。
農薬じゃない点が、気に入ってキトサン溶液「バラ専科」を買ってみました。
毎年悩まされる黒星病対策の強い味方になってくれればと期待大です。

0421-14.jpg
お花には、殆ど手を掛けないのに見事な大株に育てる実家の母。
その母が、使っている肥料を分けてもらいました。
早速お花にもイチゴにもばらまきました。良い結果がでますように。

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まゆまゆ

Author:まゆまゆ
今は、まだガーデニングビギナー。
庭の植物たちから元気と幸せをもらいながら
土は? 肥料は? 水やりは?・・・試行錯誤の毎日です。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

フリーエリア

秒速クリックm(_ _)m 人気ブログランキングへ

広告です。(*^^*)

うちの愛犬のHPです。

このblogのバナーです。
HPにリンクを貼って下さる方は、お使い下さい。


ガーデニング好きさんには、嬉しいコンテンツがいっぱいのページです。

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。